出会いから告白が成功して彼女ができるまでの話し♪

彼女と出会うきっかけになったのは職場の同僚からの紹介でした。同僚に彼女のLINEを教えてもらった時可愛い顔の彼女が写っていました。その瞬間絶対告っても振られるって思いました。こんな可愛い子と付き合える訳がないと思ったからです。

自己紹介でも話していますが、私はそれまで告白が成功した事は一度もなく、身長低い・声高い・顔は全然イケていない・高収入でもなく、恋愛に関しては自信が全然ない男だったからです。

同僚にLINEを教えてもらい何日か経った後に、彼女と二人きりで食事に行く事になりました。私自身女性と二人きりで食事に行くのはかなり久しぶりの事だったので、かなり緊張していました。早めに待ち合わせ場所に行き暫くすると可愛らしくて優しい感じの女性がやってきました。私は緊張して上手く話す事ができませんでしたが、自分なりに彼女を楽しませようと不器用なりに頑張りました。勿論会計は私が払いました。少しでも彼女が喜んでくれたら良いなぁと思いましたし、カッコつけれるのはそのくらいしかなかったからです。

その日は食事をしてから彼女を車で送っていき別れました。正直全く手応えがなく、暫くしてから彼女を紹介してくれた同僚からTELがきました。彼女が私の声が高いのが気になっていた事、もう一度会って私がどんな人なのかを知りたい、との事でした。この時は嬉しさと不安が半分半分でした。私自身声が高いのは自覚していましたし、周囲の人に声の高さを笑われたりバカにされていた事もありました。なので恋愛に関してマイナス志向の私にとっては2回目のデートまで不安が募るばかりでした。

二回目のデートでは、ドライブ・食事・水族館に行きました。この時も緊張していて上手く話せませんでしたが、一回目のデートの時よりかは少しはスムーズに話せたと思います。不器用なりに頑張っていたと思いますし、勿論会計は私が払いました。一回目のデートの時と同じで、少しでも彼女に喜んでもらいたいのと、カッコつけたかったからです。

二回目のデートも終わり、暫くしてから彼女を紹介してくれた同僚からTELがありました。その内容を聞いた時私はただただ驚いていました。なんと彼女が私に対して好意を持ってくれており告白を待っている、との事だったからです。凄く嬉しかったんですが、それでもまだ不安でしたし付き合えるとは思えませんでした。何故かと言うとそれまでの私は一度も告白に成功した事がなかったですし、自分の容姿や声にも自信がなかったからです。

それから数日経った後に3度目のデートに行きました。食事をしてから、少しドライブをして海沿いの公園のベンチに座り彼女に告白しました。正直この時は、頭の中がいっぱいいっぱいで今思い返すとなんて告白したのか正確に覚えていません。好きですって言ったのだけは覚えていますが。しばらく沈黙があった後に、彼女から『よろしくお願いします』との返答がありました♪奇跡が起こった瞬間でした。私の心臓は嬉し過ぎて壊れるんじゃないかと思いました。その日の夜は嬉しすぎて一睡もできませんでしたし、その時は現実なのか夢なのか分からない状態になっていました♪ちなみに三回目のデートの時も会計は私が払いました。